『マッドサイエンティストの手帳』742

●マッドサイエンティスト日記(2020年11月後半)


主な事件
 ・神戸新聞文化センター(20日)


11月16日(月) 穴蔵
 小春日和である。
 朝、近所の某院て定期検診。ごく正常な数値であった。ほっ。
 あとは終日穴蔵。
 担当している講座の作品を読んで過ごす。
 基本的に最低2度読むことにしていて、本日は1読目。普通の読者として楽しませていただく。
 たちまち夕刻。
 こんな日が続くのであろう。

小佐田定雄『新作らくごの舞台裏』(ちくま新書)
 小佐田さんの『上方らくごの舞台裏』につづく、ちくま新書のシリーズ4冊目である。
 今回は小佐田さんの作った創作落語の解説篇である。
  *
 小佐田さんの落語作家歴は「40余年」とある。巻末の年表によれば、1977年7月に枝雀が演じた「幽霊の辻」から今年8月の桂かい枝「家内芝居」まで、263話。それらの中から代表的な傑作(多くは作者の名を知らずに聴いている)を中心に、その噺が出来上がった事情や演者のエピソードなどが明かされていて、落語以上に面白い。
 小佐田さんと知り合ったのは80年前半、吉朝の三題噺をやろうという少し前で、83年頃と思う。『雨乞い源兵衛』(これは枝雀落語のベスト5に入ると評価している)の作者と知って驚いた記憶があるが、『雨乞い源兵衛』は書き出して3年ちょっと、まだ11作目だったのか。そういえば、まだ二足のワラジ時代だったのだ。
 リストを眺めるだけでも凄いが、それぞれの噺のアイデア、演者に合わせての展開など、すべて異なり、それらを全部覚えている記憶力にも驚かされる。これは小説作法の副読本としても優れた出来映えである。
 後半はだんだんと活動分野が広がり、講談、狂言、歌舞伎など、古典芸能全般にまで仕事の領域を広げる。
 三題噺などつい先日みたいに思っていたのが、もう35年が経過しているのだ。
 凄い作家になったものだなあ。
 後半には聴いてない噺がずいぶんある。音源の紹介もあるので、ぼちぼち聴いて行こうと思う。
 それにしても……気になるところは「あとがき」の最後の方にちょっと触れてある。
 新作落語を書くのがどう収入につながるのかという問題である。「落語だけで食っていけるように落語作家の地位を上げることができなかった」とある。著作権は明らかに落語作家にある。だがそれが音楽著作権の利権とは桁違いに安い事情もよくわかる。作家の印税(これも近年たいへんだが)に較べても小さいだろう。
 落語作家は高座に上がらない落語家なのである。……これは実感であろうなあ。
 本書が1冊でも多く読まれる(売れる)ことを願っております。

11月17日(火) 穴蔵/ウロウロ
 小春日和である。
 午後、郵便局まで行ったついでに散歩。
 わがいちばん愛好する散歩道は淀川堤だが、入院中に(10月16日から)十三大橋〜長柄橋間が通行できなくなり、3年ほど通れない。左岸線の工事も絡んでくるから、一生歩けない可能性もある……あ、それを予感していたから淀川徘徊SFを書いたのだった。
 工事中の貨物線沿いを歩いて戻る。
  *
 阪急中津〜豊崎第6架道橋、北側半分がほとんど「鉄板」になった。
 鉄板の下では線路工事が進められている。新駅オープンは2023年3月で、特急が地下に潜るのはその直前、まだ2年以上先である。
 新駅がオープンしても、旧線路の解体作業はそれからで、数年がかりになるはず。
 これから10年近く、こんな風景を見つづけるのだろう。
 廃墟好きとしては寂しい限り。うめきたは工事中ばかりになりそうな。

11月18日(水) 穴蔵
 小春日和である。こればっかり。
 終日穴蔵にあり。
 着替えることなく、終日ベッドで資料を読んで過ごす。
 たちまち夕刻。
 専属料理人の並べた数皿でビール、黒糖焼酎の湯割り。
 新コロナ後も、これを「新しい生活様式」にしようと思う。

11月19日(木) 穴蔵/ウロウロ
 小春日和……というよりも初夏の雰囲気。
 暖かく、こんな日が続いてほしいものである。
 運動不足であり、がんばって少しは歩いた方がいいので、昼前に専属料理人と出かける。
 中崎町経由で天五へ。
 17日23時過ぎにJR天満駅近の焼肉店から出火、4棟が焼けたという。
 こうなると見物したくて、じっとしてられない。
 現場は天満駅北側の飲み屋が密集した路地で、火元は「ごちゃまい堂」。
  *  *
 きれいに焼けている。隣の店は休業のようで、むしろ裏側(背中合わせの、東側の路地に面した店)の方がひどい。
 斜め向かいの「つる屋」と、ちょっと南側の奥田酒店は被害なしで、何よりであった。奥田はGoTo関係なし、昼前もう盛大に呑んでおる。
 楽しそうだが……火事より新コロナが怖いので入店はせず、天六まで歩いて弁当を買い、天八からバスで帰館する。
 午後は穴蔵。
 6000歩を越えた。

11月20日(金) 神戸新聞文化センター
 朝だ。小雨が降っている。うーん、困ったね。浅田飴には及ばぬ天気だ。10時頃にはあがった。
 昼前に出て、阪急で三宮へ。
 神戸新聞文化センターの講座。先月ややこしい事情で休講にしたので、2ヶ月ぶりである。
 エッセイと小説の中間領域みたいな作品が3編……どちらにでも解釈できる。これは未熟だからではなく、テーマの展開にどこまで想像力を加えるか、そのさじ加減の迷いではないかと思う。もう少し工夫すれば、変なジャンルが作れるような気がする。
 小説では、「ボカロ」と「リモハラ」という、現代的な題材が登場して、コメントに迷うこと多し。
 ボカロについてはヤマハOBがいて助言してくれたり、zoom経験者の比率が結構高かったり、どちらが講師かわからなくなる。
 夕刻帰館。
 本日は一杯飲んで早寝。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage