mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


11月25日(水) 穴蔵/ウロウロ/訃報
 曇天。肌寒くなった。小春日和続きは終わったようである。
 穴蔵にて、例によって痴呆状態で過ご
 せめて体だけは動かさねば。
 午後、散歩に出る。ジュンクドーを覗き、あと人通りのない道を選んで、中崎町から豊崎界隈うろうろ。
 A先生研究所の書斎棟にライトがつき、前に人の列あり。
 見学会か、若い人がほとんどだから就活か?
  *
 見学したいが、年寄りの出る幕ではなさそうで、質問もできず、そのまま通過。
 憧れの書斎だが、ここを参考にわが穴蔵を改造することはもうないだろうし。
 また穴蔵にてボケーーーッと過ごす。
 たちまち夕刻。
(と、以上は晩酌前にメモを整理して書いた分)
 気楽に晩酌やってところに田中啓文さんから電話あり。
 小林泰三さんの訃報である。
 驚いたという以上に、思うところが多すぎて、まとめようがない。
 改めて書くことに。

11月24日(火) 穴蔵/ウロウロ
 やっと平日になった。
 ウチの場合は、休日も平日もそう変わらんのだけど。
 久しぶりに自転車で出かける。
 北郵便局へ行ったついでに、近くの里山へ。
  *
 稲刈りは終わり、柿の実は残った。
 都市部のオープンな場所なのに柿は残り、播州龍野のわが実家の柿は塀の中なのに、きれいさっぱり盗まれてしまった。
 播州龍野はよほど治安が悪いのである。
「1500体の人骨発掘現場」の現状を見ようと、南下して、梅田ランプ西の踏切まで行くが、警戒厳重で塀の中は見えず。
 スカイビルの展望台まで上る元気はなし。
 グラフロ経由で帰館。
 あとは穴蔵にてボケーーーーッと過ごす。

11月23日(月) 穴蔵
 世間は3連休の最終日。
 梅田あたり、アホが浮かれ出ているようなので、本日も終日穴蔵で過ごす。
 ちと不調である。特に目が疲れて本がなかなか読めない。メガネの不調か。
 DVDで『ネオン太平記』(途中まで/タイトルバックは最高だが全部は疲れる)『人類学入門』(散髪屋で殴り込みを受ける場面はやはり面白い)を見る。
 たちまち夕刻。
 本日は「勤労感謝の日」……といっても勤労にどう感謝していいのかわからんので、新嘗祭にちなみ、今年の収穫を神にちょっと捧げ、おさがりを頂戴することにする。
  *
 今年の大豆(翁豆腐)、今年の播磨灘の牡蠣フライ、今年の野菜サラダなど並べてもらって、ビール、今年の葡萄(ボジョーレ)を盛大に飲みつつ、感謝の意を表する。
 BSでクリント・イーストウッドの『運び屋』を見てから寝るつもり。(※)
 ※どんなトリッキーな方法で組織を出し抜くのかと期待して見てたら、なんじゃいな、この結末は。ペケ。(11/24)

11月22日(日) 穴蔵
 晴のち曇……かな。空はあまり見てない。
 終日穴蔵にあり。着替えることなく、ベッドで本を読んで過ごす。
 たちまち夕刻。
 おや、大阪の新コロナ感染者、本日は490人とまた記録更新。日曜だから少ないと思ったがなあ。
 またしばらく穴蔵生活……だな。

11月21日(土) 創サポ講義
 大阪は連日、新コロナ感染者数が記録更新中。
 穴蔵にて資料を読む。
 夕刻這い出て地下鉄で天満橋へ。
 日没後の八軒家浜。
  *
 暖かい日であったが、もう冬至が近いのである。
 エルおおさかにて創サポ講義。
 さすがに本日は出席者は最小でほとんどがオンライン参加。
 会場に分散して着席して行う。
 前々回、入院で講師交替してもらったのだが、この時の作品(SF多し)についても短くコメントすることにして、本日は全11編。
・電気炊飯器の「過激な宣伝フレーズ」を正直に具体化した鍋の中の戦争。
・蜜蜂か蟻をモデルにしたような未来工場?の不思議な描写。
・深夜のサーキット跡で暴走男を成敗するサスペンス小説。
・王女の恋愛遊戯のためにある王国での勇者と戦士の対決を描く長篇ファンタジー。
・八五郎がタイタニックのSOSをキャッチするSF落語。
・10万年の眠りにつこうとする天才少女とアンドロイド。
・ウィルスとAIの複合体知性が人類に送るメッセージ。
・深夜に無人のコンビニに入ると食べ放題飲み放題……古典落語の現代アレンジ。
・子連れホステスが疎ましくなった中年男に殺意が生じるが、そのガキが意外にも……体験談かと思うほどリアル。
・叔父の死を機会に知り合ったふたご兄妹が自分たちの出生の秘密を探る奇妙な探偵小説。
・身体を失い「ベルト」になった少年が「姫戦士」に装着されて活躍する長篇異世界ファンタジー。
 多彩な作品群で、完成度では今一歩という作品が多いが、いずれも着想は面白く、こちらも楽しませていただいた気分であった。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage