mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


7月15日(水) 穴蔵
 曇天。
 終日穴蔵にあり。少しは仕事もするのであった。いと少なしを。
 さすがに運動不足。午後散歩に出るが、少し歩くだけでひどく疲れる。
 ジュンクドー往復のみ。
 途中にある「白くまビル」、エンブレムが取り外されて、ざんない眺めである。
  *
 WBF BLDG であった。
 北海道ツアーから拡大した旅行社、先日倒産。新コロナがトドメを刺したのだろうが、前から業績低迷であったらしい。
 それにしても……GO TO というのはおかしなキャンペーンだ。
 前から言ってた旅行支援キャンペーン、この時期に早めるという。
 黴菌混入の酒を格安で飲ましてくれるようなものか。
 またどうせ昭恵がおねだりしたのだろう。モリカケで自殺者を出し、花見で騒ぎ、マスクなしで太宰府へ行き、反省することなく、またどこかへ旅行してはしゃぎたくなったのではないか。国のキャンペーンとなると、大はしゃぎで行けるわなあ。
 鼻ぺちゃのブスなのに傾国とは、これひとつの不思議。

 高山羽根子さんが芥川賞受賞! おめでとうございます。

7月14日(火) 穴蔵
 雨やみてまた降る。昼前、特に激しく降る。
 取り壊し予定の市営乗宅屋上で、土砂降りの中、水槽の作業が行われている。
  *
 (↑写真ではわかりにくいが篠突く雨)
 いつ落下するか、気になって仕事にならない。
 3年後に解体が決まっている住宅に、手厚いことである。
 できることならアチラに住みたいものだ。
 野々村竜太郎の隣室だと楽しかっただろうな……などと愚考する。
 終日穴蔵。
 午後には雨はやみ、晴れ間あり。しかし散歩も面倒になってきた。
 夜、一杯飲んで、22時頃に就眠を目標とする。

7月13日(月) 穴蔵
 雨やみてまた降る。
 終日穴蔵。
 少しは仕事もするのであった。いと少なしを。

7月12日(日) 穴蔵
 曇天、午後には晴れ間もあり。
 終日穴蔵。コマギレ睡眠はだいぶましになってきた。
 眠く体ががだるくても、極力机に向かっている方がいいようである。
 午後、1時間ほど散歩。人出の多そうな梅田は避けて、中崎町界隈。
  *
 近くのビル前にランタナが咲いている。
 野々村竜太郎の生家近くにも花は咲くのであった。
 夕刻、zoomで会議。
 6名で1時間半ほど。PCでのzoom meetingは初めてだが、スマホより格段に使いやすい。
 コロナ後もこちらがメインになりそうな気がする。
 晩酌。
 早寝……はせず、ギリギリまで起きて、熟睡するつもり。

7月11日(土) 穴蔵/ウロウロ
 相変わらず降ったりやんだり。
 まだコマギレ睡眠の日がつづく。
 昼間、雨がやんでいるので、久しぶりに散歩に出る。
 淀川堤へ。
 水管橋撤去工事で、6月末まで、十三大橋〜長柄橋の間が通行禁止で、気になっていたのである。
 以前から進んでいて、昨年9月に終了かと思ってたら、トーラス部分は別で、それが終了して、普通の堤になった。
  *  *
 南側には土台、淀川に橋脚は残った。
 正式には本庄水管橋といった。明治44年に完成(北の大火の2年後である/その翌年に淀川改修工事が終了/水管橋が川の中ほどまでしかなかったのは工事の影響である)、平成13年に地下に幹線ができて役割を終えていた。
 先日まで淀川のことを書いていたのだが、柴島浄水場も水管橋も入れられなかった。
 淀川の変化はこの近所だけでもエピソードが多いからなあ。
 なお、撤去工事の経過はこちらが詳しい。

7月10日(金) 穴蔵
 早寝したら深夜(1時前)に目覚め、アタマ正常なので朝まで机に向かう。
 朝食後は寝たり起きたり。ちょっと本を読み出すと眠くなる。
 今月に入ってから、運動不足は明らかなのだが、雨が断続的に降り(それもとつぜん激しい雨)、出歩く気分にならず。
 しばらくはしかたないか。

7月9日(木) 穴蔵
 夜中に目覚める。NHK(だと思う)で「孤独のアンサンブル」という番組をやっていた。
 交響楽団員が、出番がないので、自室でソロやる趣向。女性クラがなかなかいい。
 3時頃から朝まで机に向かう。
 朝食後はまたもコマギレ睡眠、コマギレ机。
 相棒の某君からメール。大雨警戒だが急用で播州龍野へ行くという。こちらの用件も依頼する。
 夕刻に返信あり。片づいたという。
 来週には覚悟を決めて山陽本線に1時間乗車せねばならぬかと思っていたが、また2週間、寿命がのびそうである。
 ベランダのゴーヤが大きくなってきた。
  *
 案の定、夜はゴーヤチャンプル。むろん安上がりな晩餐が何よりである。
 盛大にビール、酎ハイ。
 早寝を試みる。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage