mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


11月21日(木) 穴蔵
 晴。午後、大阪市住宅供給公社来話。

 断腸亭のおっさんなら、この1行で終わる1日。
 おれもそうする……つもりであったが、アタマに来ること多く、読んでもわからんだろうけど書いておく。
 おれは集合住宅の理事長である。輪番制で、来春まではいたしかたなし。引き受けた以上は責任もある。
 近隣で工事があって、ちと迷惑を蒙る部屋があり、文句をいってきた。
 どう考えても苦情のいえる筋合いではない。
 ただ、迷惑はわからぬでもなく「好意で」色々理屈を考えて、しかるべき「公社」と電話交渉した。
 電話連絡が当事者、関連先含めて4ヶ所20数回。不在で伝言や折り返しなど、たいへん。おれの場合、仕事に関係ない電話があると、しばらく仕事にならない。延べ3日間くらいは仕事を犠牲にしたのではないか(11月はじめに「仕事にならん」と書いているのがそれ)。
 やっと本日14時に話し合いと決まっていたところに、午前、「当事者」ダンナは午後から仕事、ヨメは風邪で寝ているだと。
 理事長として、たいていのことには寛容な立場をとってきたが、さすがにがまんならない。
 それぞれが仕事を犠牲にして集まるのだから、出てこないなら、結論にいっさい異議をとなえるなと伝える。
 結果として、よくわからんおっさんが代理人として来た。いっさい発言なし。
 ただ「公社」はきわめて誠実に対応してくれた。ただ感謝申し上げる。
 理事長はあと半年。精神的に持たんな。アホ相手はやめて、適当に過ごすことにしよう。
 意味不明の記述多謝。
 以上、うっぷん晴らしである。

11月20日(水) 穴蔵
 晴時々曇。急に寒くなった。
 昼の外気は14℃、室温20℃で、じっとしていると体が冷え、夕刻、今季はじめてエアコン(暖房/設定25℃)を稼働させる。
 終日穴蔵。少しは仕事もする……つもりが、ややこしい(主に集合住宅関係の)電話あり、そのたび中断。
 1度中断すると1時間は復帰できぬ。「ええかげんにさらせ」といいたくなるぜ、ったくもー。
 夕刻、専属料理人が帰ってきた。
 夜は黒半・わさび漬け、しらすパスタなど、静岡メニューでワイン。
 それなりに旨いのだが……
 楽しき独居生活は終わりを告げる。嗚呼。

11月19日(火) 穴蔵/ウロウロ
 朝2時間ほど集中して昨夜の議事録を作り、プリント、配布。関連する会社に資料などをメール。
 ひと仕事した気分になり、あとはボケーーーーッと過ごす。
 昼、散歩に出る。
 淀川堤は工事中なので、南東方向。中崎町を抜けて扇町公園へ。
  *
 秋の気配である。
 天神橋筋商店街に出て、「いぶきうどん」できつね。うまっ。
 中崎町商店街を抜け、「やまたつ」でトンカツ、サラダを購入。
 豊崎長屋の路地を通り、大阪七墓の残り少ないひとつ「南浜墓地」に参拝してから西へ。
 翁豆腐で木綿豆腐を購入して帰館。
 ということで、夜は色々並べてダラダラと独酌。
 楽しきかな独居老人生活。

11月18日(月) 穴蔵
 朝、洗濯をする。
 引き続き、近所の某医院へ行き、定期検診。異常なし。
 あとは穴蔵にて、一応机に向かうが、雑用あれやこれや。
 晴から曇天、夕刻に雨となる。
 夜、集合住宅の理事会と修繕委員会の合同会議。延々。
 気分は天気の移り変わりそのまま。鬱陶しいことである。
 22時近い時間から、やっと独酌。ほっ。
 明日は少しはいい日になるだろう。

11月17日(日) D計画@世田谷文学館
 朝、犬を連れて横浜の住宅地を散歩。
  *
 住居は緩斜面の中ほどにあるが、下の方に「雨水調整池」というのがある。何箇所かに設けられているらしい。急速に宅地化が進んだからであろう。
 先日の台風19号の時も、別に貯水はなかったらしい。
 犬に見送られて、東急で渋谷へ。京王線に乗り換え、芦花公園の世田谷文学館へ。
 小松左京展「D計画」開催中である。
  *
 10月13日のオープニングに来る予定だったのが、台風襲来で変更、本日になった。
 小松左京展としては(神戸文学館、吹田博物館、大阪芸大(ハルカス)など色々あったが)過去最大スケールだろう。
 展示は、日本沈没がメンイテーマで、精神形成期、モリミノル時代、SF作家クラブ初期、色々な交流と多彩。
 小松左京ライブラリーが全面協力していて、箕面から運ばれた執筆机が中央に展示されている。
  *
 自筆のメモや原稿も多く、充実した展示だが……それでもこの巨人の全貌となると、まだまだあるなあ。
 学芸員のHさん、Kさんに挨拶。しばらく雑談の後、帰路につく。
 久しぶりに富士山を見る。
  *
 夕刻帰館。
 ちと疲れた。
 コンビニメニューで楽しき独酌。

11月16日(土) ちょっと一杯@入船
 秋晴れである。
 7時頃に出て、久しぶりに静岡へ。東から来たボンクラ息子その1とその配偶者と合流、西の山麓にある寺へ。
  *
 セレモニーごちゃごちゃ。
 駅近くの「入船」に移動して宴会。
  *
 これ目当てに来るようなものだな。
 桜エビ天、しらすなど静岡メニューに続いて握り寿司。
 開運を飲んでいるので、半分はシャリ抜きとする。
 夕刻、ボンクラ息子その1にくっついて新横浜から地下鉄、東急で郊外住宅地へ。
 犬のために引っ越して、クルマもBMWから軽のSUVに替えている。初心者マークが貼ってあり、これは配偶者のためらしい。
 1室提供してくれるので、本日はこちら泊。
 ここだと「密室で変死」の心配がなく、ひとり外泊が許可されるのである。
 昼が遅めで重かったので、湯豆腐で軽く一杯、早寝。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage