mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


8月5日(水) 穴蔵
 世間は猛暑であるらしい。
 確かに6時に直射光が入る。夏至から4週間、5時半に射し込んできた朝日が30分遅くなった。
 秋が近いなと実感する。
 2時間ほどエアコン稼働、あとはどうってことなし。
 終日穴蔵にて机に向かう。
 もっとも書いているのは、人に見せられない文書。ポルノを書いているようなものである。
 外出は午後のジュンクドー往復のみ。
 途中、某家(町内では残り少ない庭木のある屋敷)の百日紅が花を咲かせている。
 この花を見ると夏休みの終わりを思い出す。やはり晩夏のイメージだな。(ウチのはこちら)。
 サルスベリは樹齢100年ほどの、幹のツルツルした樹でなければ。
  *  *
 たとえば(↑右の)公園のなんて、猿が飛びつけば折れてしまいそうではないか。花にも品がない。

8月4日(火) 穴蔵
 薄い雲がかかるが、一応晴天、盛夏である。
 終日穴蔵。
 また外出自粛モードに戻る。
 頭ボケ状態、特に生産的なこともできぬまま、たちまち夕刻となる。
 一杯飲んで早寝。
 明日からの新コロナ感染者数が楽しみ心配である。

8月3日(月) 穴蔵
 断続的にだが、朝6時まで寝た。肉体労働はするものだ。
 反動で、本日はほとんど穴蔵。
 結構雑事多し。
 夕刻、所用あって自転車で梅田のハチへ。
 今年はじめてかな。
 椅子を減らし、半分以上にぬいぐるみを置いて「使用禁止」、ごく少人数に制限(10人くらいか)……それでも閑散状態がつづいているらしい。
  *
 1階がホストクラブだから、迷惑な話である。
 今年の8/8の誕生日ライブは無理で、ハチママは落ち込んでいるし、名物男・大ちゃんの具合がいまひとつとか、新コロナ連動でろくな話がない。
 おれも開店すぐの10分間(2ドリンク)で引き上げる。申し訳ないが本日は用件だけ。また改めて来ることに。
 帰宅後、あわただしく夕食。
 夜は某zoom会議。2時間以上、あれやこれや。こちらも新コロナで不確定事項が多すぎるなあ。
 最後は引き続きネット飲み会に……という雰囲気になったが、これもまた改めて。

8月2日(日) 大阪←→播州龍野
 朝、相棒の某くんがクルマで迎えに来てくれて、いっしょに播州龍野へ向かう。
 電車が5月の連休よりも混んでいるようで(特に大阪〜姫路間は)乗る気にならない。
 某くんのクルマに同乗させてもらうことになった。
 新御堂を千里〜池田〜宝塚〜中国道〜山陽道で1時間40分ほど。
 龍野へは4ヶ月ぶりである。
 今年は、桜も木瓜も木蓮も見ることなく、もう百日紅の老木に花が咲き始めていた。
  *
 晩夏の気配である。秋来たりなば冬遠からず、気が滅入ってくるなあ。
 実家の雑事3時間ほど。
 某くんとの作業2時間ほど。
 今回は宿泊の準備なしてきたが、次回は4、5日泊まり込みで来ることにする。
 夕刻、再び某くんのクルマで大阪まで送り届けてもらう。
 社長のような待遇で下男仕事をした一日であった。
 湯上がりで軽くビール飲み、早寝するのである。

8月1日(土) 穴蔵
 目覚めれば8月であった。
 早朝から直射光が差し込んで暑いのであった。
 参考までに室内とベランダの気温を1時間ごとに記録する。
 概略だけ記せば、
 室温/湿度/外気は、
  6時 30℃ 63% 30℃
  9時 32℃ 57% 37℃
 12時 32℃ 60% 35℃
 15時 32℃ 60% 35℃
 18時 30℃ 56% 33℃
 21時 30℃ 58% 31℃
 これは前の部屋の7年前より少しましであった。
 この間、少しは仕事もできたのだから、この夏も(エアコンが故障しても)乗り切れそうである。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage