『マッドサイエンティストの手帳』733

●マッドサイエンティスト日記(2020年7月前半)


主な事件
 ・穴蔵の日々


7月1日(水) 穴蔵
 目覚めれば7月であった。
 本日も終日穴蔵。
 ボーーーーーッと過ごす。相変わらずドタマの働き、さっぱり、皆目、ペケ(←先代文我師匠)。
 amazonからWEBカメラが届いた。
 発作的に購入したもの。昨年は半額くらいだったはず。ま、しかたないか。
 ディスプレイの上に置いてUSBつないだらすぐ使えた。
  *
 特に予定している会議はないが、一度ボンクラ息子その1につないでみるか。

7月2日(木) 穴蔵
 晴れて朝から直射光が射すが、暑くはなく、扇風機回せば涼しい一日である。
 終日穴蔵。
 ドタマの働き相変わらず。
 こんな日がつづくのであろう。嗚呼。

7月3日(金) 穴蔵
 曇天、たぶん8時頃から雨になったのであろう。終日降りつづく。
 穴蔵にこもって過ごす。
 新型コロナ、東京はいうまでもなく、大阪もふたたび……の気配。
 またしばらく外出自粛だな。

7月4日(土) 穴蔵
 いかんなあ。昨夜ベッドで宮内悠介『黄色い夜』(集英社)を読み出したら、やめられなくなり、未明まで。
 あとあまり眠れず、朝からの生活パターンおかしくなり、寝たり起きたりボケーーーーッとしたり。
 こういうパターンは昨年からよくある。
 宮内さんの『偶然の聖地』あたりから、最近では『100文字SF』『文豪宮本武蔵』『杜子春の失敗』『夢でもいいから』『余花』まで、数十冊ある。さらには『オクトローグ』が控えている。
 感想をアップすべきなのだが……ま、近いうちまとめて。
 未明の雨、午前にはやむ。
 久しぶりに外出、ビールを買いに行く。こういうことはマメである。
 また寝たり起きたりちょっと本を読んだり。
 たちまち夕刻となる。
 専属料理人が並べた数皿でビール。
  *
 あとHATHUTATHUのフランスパンで中本の格安馬鹿旨ワイン。
 これくらいの軽めのメニューがいちばんいい。
 豪雨のニュース。大阪は穏やかだったなあといったら、専属料理人「午後2時頃すごい土砂降りだった」という。
 昼寝していて気づかなかった。
 21時過ぎ、身内相手に、PCでホストとしてzoomを試みる。
 繋がるが、不安定、PCが古い(windows7)せいかも。

7月5日(日) 穴蔵
 目覚めれば、眠いのであった。
 午前中、居眠り状態で過ごす。
 午後、一応机に向かって過ごす。
 たちまち夕刻。
 色々並べてもらって一献。
 頭が冴えてくる。
 午前と夜でアタマとカナダが入れ替わっているような気がする。
 困ったものだ。

7月6日(月) 穴蔵
 目覚めれば、眠いのであった。
 午前中、無理しても机に向かう。
 10時頃にとつぜんzoomの練習をしてみようというメール。あわててつないだら、創サポのSさん、環境は整えたが試した経験がないというIさんが現れた。15分ほどで練習終わり。
 午後はアタマの働き、少しましになった。形ばかり机に向かう。
 雨、断続的に降り、時々突風が凄い。
 夜のメインは鮭の南蛮漬。
  *
 他に、枝豆、蒲鉾・明太子、サラダなど並べてビール、酎ハイを少しばかり。
 お楽しみはこれだけだ。
 早寝するのである。

7月7日(火) 穴蔵
 不規則な日がつづく。
 「アタマとカラダの働きが別々」気分がますますひどく、睡眠時間がコマギレになってきた。
 40年つづけてきた早寝早起き(22時就眠4時起床)が今年になって(新コロナ以降)崩れはじめたような気がする。
 カラダの方に合わせるしかない。
 相変わらず外出自粛だから、誰に迷惑かけるわけでもなし。
 昼食晩酌は規則正しく、あとは成り行きにまかせる。
 本日は、3時に起き、ブラスチックゴミを出してから朝食。しばらくBSニュース。
 5時過ぎから9時まで熟睡。
 昼まで一応机に向かう。
 正午にきちんと昼食。1時間午睡。
 また机に向かう。まあまあ正常に作業できる。
 雨が断続的に降り、外出はせず。
 16時30分から雑読。石原藤夫博士のHSFL(ハードSF研公報)191号。超人的活動である。見習わねば。
 19時から晩酌。これだけは毎日正確正常に行う。
 しまった。創サポ主催のzoomによるオンラインセミナー蓮見恭子『「傍聴カフェ」で傍聴した殺人事件〜リアルとフィクションの想像力〜』を見逃して(参加に遅れて)しまった。申し訳ない。
 21時前に仮眠、目覚めれば23時30分である。
 トータル7時間の睡眠だから、まあ健康的な生活といえるか。

7月8日(水) 穴蔵
 睡眠コマギレの不規則な日がつづく。
 3時頃に激しい雨に驚く。ちょっと落ち着いた頃、また5時頃に激しい雨に驚く。
 落ち着かない日である。
 以下、時間帯は異なるが、ほぼ前日と同文。

7月9日(木) 穴蔵
 夜中に目覚める。NHK(だと思う)で「孤独のアンサンブル」という番組をやっていた。
 交響楽団員が、出番がないので、自室でソロやる趣向。女性クラがなかなかいい。
 3時頃から朝まで机に向かう。
 朝食後はまたもコマギレ睡眠、コマギレ机。
 相棒の某君からメール。大雨警戒だが急用で播州龍野へ行くという。こちらの用件も依頼する。
 夕刻に返信あり。片づいたという。
 来週には覚悟を決めて山陽本線に1時間乗車せねばならぬかと思っていたが、また2週間、寿命がのびそうである。
 ベランダのゴーヤが大きくなってきた。
  *
 案の定、夜はゴーヤチャンプル。むろん安上がりな晩餐が何よりである。
 盛大にビール、酎ハイ。
 早寝を試みる。

7月10日(金) 穴蔵
 早寝したら深夜(1時前)に目覚め、アタマ正常なので朝まで机に向かう。
 朝食後は寝たり起きたり。ちょっと本を読み出すと眠くなる。
 今月に入ってから、運動不足は明らかなのだが、雨が断続的に降り(それもとつぜん激しい雨)、出歩く気分にならず。
 しばらくはしかたないか。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage