『マッドサイエンティストの手帳』712

●マッドサイエンティスト日記(2019年9月前半)


主な事件
 ・播州龍野いたりきたり


9月1日(日) 穴蔵
 目覚めれば9月であった。
 机に向かうのであった。
 昼前に一区切りついたのであった。
 昼、スマートレター投函に郵便ポスト往復するのであった。
 専属料理人の作ったちらし寿司で吉乃川ちょっと一杯。
 出所祝いというか。
 軽く昼寝するのであった。
 たちまち夕刻。
 またも和風メニューで一献。CD聴きつつ。
 テレビでは阪神読売戦をやっとるようだが、消音にしてもらう。
 9月1日の習慣で、浅田飴はやめて、シアリング「9月の雨」である。
 早寝するつもり。
 明日は少し体を動かす……つもり。
 ともかく、おれは更生したのである。

9月2日(月) 播州龍野いたりきたり
 早朝の電車で播州龍野へ向かう。
 9時前に着。タイムマシン格納庫となりのIT会社、引越の最中である。
 この数年で急拡大、仕事場も駐車場も限界になり、1キロほど南に広い建物を借りて移転するという。
 衰退・消滅していく「わが社」と対照的である。
 何年か先にはこちらに戻ってきたいというから、うちの格納庫を解体、新社屋を建てるには絶好のタイミングとなるか。
 播州龍野でも新陳代謝が進んでいるのである。
 雑事片づけ。
 午後、姫路に出る。
 いつも利用するチケットショップの近くに「瓦割り」という店があるのに気づく。
  *
 奥に瓦が積み上げてあり、1枚500円、10枚3900円、「ストレス解消」「インスタ映え」とある。
 アホらし。駅前通りの脇でこんなことやるアホがおるのか? いないらしい。
 どうやら1年ほど前に開店したらしいが、今まで気づかなかった。
 500円なら、えきそば食べておつりがくるではないか。
 姫路市民は健全なのであった。
 灘菊で遅めのランチ。ちょっと一杯。カワラ3枚分である。
 新快速で帰阪。

9月3日(火) 穴蔵/ウロウロ
 晴れているが、もう暑くはなし。朝から直射光が入るがエアコンは不要である。
 加納一朗氏の訃報。91歳。光瀬龍氏と同年であったか。
 一度だけお目にかかったことがある。70年代のはじめで、どんな場だったか思い出せない。柴野さんに紹介してもらって、激励を受けたのは覚えている。
 『白い残像』はむろんだが、おれはその前年だったと思う、宝石に載った「脚光の伝説」という中篇が好きだった。
 ただ、ミステリーがメインで、SFとは距離を置かれている感じだった。
 午前中、事務連絡多し。
 午後、歩いて梅田へ。
 来週の予定を決めて、駅前ビルのチケットショップに寄り、大阪駅で指定席の予約。また台風が来るかもしれんが。
 久しぶりにステーションシティ「風の広場」に上がってみる。
  *
 新駅工事、遅々として進まず。イベントスペース(サーカスとかバーベキュー)はなくなって、作業用の建物だけになった。あと2年ほど(2021年暮頃まで)こんな感じだろう。
 ヨドバシ、ジュンクドー経由で帰館。
 7,579歩になった。
 夜のビールがうまい。やはり歩かなければいかんなあ。

9月4日(水) 穴蔵
 天候不安定。午前は晴、エアコン不要で、快適に机に向かう。
 業務連絡が色々あり、どちらかといえば「明るい」系が多く、SF系はさっぱりだが、気分は良好なり。
 夕刻に近い午後、散歩に出ようかと思ったら、暗雲たちこめ、夕刻には激しい雷雨30分ほど。本日0歩。
 夜、一杯飲んで早寝……のつもり。

9月5日(木) 穴蔵
 本日も天候不安定。
 早朝は晴れていたが、雲が増え、昼過ぎに暗雲、午後には雷雨あり、夕刻には晴れてきた。
 移り変わりゆく空模様を眺めつつ、終日穴蔵。
 資料を読んで過ごす。
 夜、一杯飲んで早寝、のつもり。
 ところで……
 「鎌倉の男」というのがいるらしい。「華麗なる一族」に登場して有名になった政界の黒幕ではなく、ネット上に現れるややこしい存在らしい。
 また、土石流に似た名の、ややこしい存在もいるらしい。某中学生集団の名を勝手に名乗っているらしい。
 これが同一人物らしい。
 こいつが時に災厄をもたらすらしい。
 関わりたくなし、ネットから消えてほしいものである。
 それはともかく、雫石鉄也さんがごろりんブロクを開設。楽しみなことである。
 前のブログには、書評、ショートショート、演芸評など、数多くの貴重な記録が残されている。特に「前立腺風雲録」は男のロマン?を描いたノンフィクションの傑作である。
 手間はかかるかもしれないが、何らかのかたちで残してほしいと願っている。

9月6日(金) 穴蔵
 晴れているが、雲の動きは急である。
 終日穴蔵にあり、空の変化を眺めつつ、ボケーーーーッと過ごす。
  *
 ホントは資料を読み、疲れたら空を見る程度なのだが。
 うーん。迷いが生じて、さっぱり進まない。
 わが人生で遭遇した最大の事件について書こうとしているのだが、切り口が5通りほど考えられて、決めかねるのである。
 大きくは日本の近現代を背景としたドラマ、アホらしくは芸能ジャーナリズムの愚かさ、面白くは○○不履行裁判、身につまされるはボンサラどもの愚行……。
 やっぱり野次馬視点がいちばんか。
 発表媒体は非公開。
 しばらくは楽しく迷いつつ過ごすことにする。
 たちまち夕刻。
 一杯やりながらNHK関西熱視線「大水害が都市を襲う〜台風の猛威にどう備えるか〜」を見るが、浅いなあ。
 ハザードマップの「淀川氾濫」「南海トラフ地震による津波」「内水氾濫」の違いにまったく触れずに、「去年の台風21号の教訓」をもとに「水害の脅威」を説いても意味ないだろう。

9月7日(土) 穴蔵/ウロウロ
 晴、時に曇。真夏日で35℃の予報だが(そしてベランダは34℃になったが)室温は30℃を超えず。
 エアコン不要、下着ステテコでおれば、扇風機で快適なり。
 終日穴蔵。考えごとをして過ごす。
 この数日、さすがに運動不足である。午後、1時間ほど散歩。
 淀川堤。新御堂筋の西側。
 本庄水管橋の撤去工事は「9月末まで」の表示が出ていたが、先月で終わったのかな?
  *
 堤の南側は左岸線の工事が始まっており、淀川側はトーラス4個が撤去され、煉瓦造りの橋脚が残っている。
 で、淀川堤を貫くトーラス3個と水管はそのまま(その上流のセブリ小屋もそのまま)。
 なんとも中途半端なままである。
 この本庄水管橋は明治末期に作られて、堤はその後にできた。だからトーラスが堤を4メートル下まで切り裂く感じで貫いている。
 淀川氾濫を予防するなら、この部分こそ「撤去」すべきではないかい、などと愚考する。
 もっとも、上流のJR上淀川橋梁の方が危ないのだが。

9月8日(日) 穴蔵
 晴。真夏日で35℃の予報だが……昨日と同じ。
 ステテコ+扇風機で、終日穴蔵にて過ごす。
 本日もボケーーーーーッ。Q状態というかタドコロ状態というか。嗚呼。
 関東は台風15号接近で慌ただしい様子である。
 去年あたりから、JRはさっさと運休を決めてしまうなあ。働き方改革とかと連動しているのか。
 大阪は穏やかなもの。たちまち夕刻。
 専属料理人の並べた枝豆、翁豆腐のヤッコ、サラダなどでビール。
  *
 あとナンとキーマカレーで安ワインを少しばかり。
 いい気分で早寝する。
 明日こそホリは羽ばたく……つもり。

9月9日(月) 穴蔵
 あまり眠れず。3時過ぎに起きる。
 関東は台風15号で夜中から早朝まで大騒ぎのようだが、大阪は静かなもの。
 晴。炎天である。
 久しぶりにエアコン稼働、終日穴蔵にて机に向かう。ちょっと昼寝もしたけど。
 おれは更生したのである。

9月10日(火) 穴蔵
 本日も晴。炎天である。
 終日穴蔵にあり、机に向かうものの、さほど進捗せず。
 神の目から見れば、タドコロとかQと区別はつくまい。
 いいではないか(と眉村さん調)。
 明日はちょっと動くつもり。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage