『マッドサイエンティストの手帳』651

●マッドサイエンティスト日記(2017年3月後半)


主な事件
 ・播州龍野いたりきたり
 ・創サポ講座(18日)


3月16日(木) 穴蔵
 終日穴蔵。
 独居なので洗濯もするのであった。
 午後、「議員団」が豊中の小學院を「視察」するテレビ中継を見る。すっかり名所になったなあ。
 けたたましいオバハンの絶叫がつづく。映像はなく、声だけ。気が触れているのであろうか。
 おかしなのが続々と登場するなあ。楽しみは尽きない。

3月17日(金) 穴蔵/ウロウロ
 定刻午前4時に起きる。
 播州龍野へ行くか迷うが、たいした用事でもなし、来週に送る。
 5時間ほど集中して資料を読みメモとり。
 昼前に散歩に出る。
 晴れて暖。
 淀川堤を東へ。長柄橋から南へ、天八、天六、天五と商店街を歩く。
 コンビニメニューが多かったので、久しぶりに本格的居酒屋メニューが恋しくなり、正午に○○酒蔵(←店名は書かないけど酒飲みなら誰でも知っている店)に入り、湯豆腐、ドテ焼き、ポテサラでビール、マグロ山かけで菊正宗。うまっ。
 天五中崎町商店街を抜ける。
 青空書房のあとに入った店、「黒崎水産」「あっ韓」とふたつの看板があって、海鮮なのか韓国料理かわからん(海鮮居酒屋らしいが)不思議な店だったが、閉店? かと思ったら、改装中で4月にリニューアルオープンらしい。
  *
 結局入らないまま(向かい側が、坂本さんと仲の良かった信州そばで、こちらが馴染みだしね)だったが、新装開店して、よさそうな店だったら、これも縁だから、一度は来るからね。
 力餅食堂横のトリ屋でヤキトリの盛り合わせ(夜用)を買って帰館。

3月18日(土) 名所見物/創サポ講義
 晴れて暖。
 穴蔵にて資料の再チェック。
 夕刻、天満橋へ行くのだが、運動不足なので、歩いて行くことにする。
 3連休の初日で、梅田はえげつない人出である。人通りのない裏道を歩く。
 野崎町から南森町、天満宮を抜けて南へ。
 おれは野次馬であるから、近くに「名所」があるのを思い出して見物に行く。
 今では豊中の森友学園が関西の名所になったが、少し前はここ。
 「いそ小判海苔本舗」である。
  *
 ノロウィルスの付着したキザミ海苔を(某店の下請けで)加工した店。
 天満宮の南東、南天満公園の北側で、意外に来ることのなかった場所である。
 旧滝川町になるのかな。海苔や昆布の店が何軒かあり、それぞれ老舗なのであろう。
 いそ小判には「都合により当分の間、お休みします」と貼り紙。
 ここの爺さん(社長?)、テレビの取材を受けて「手袋したら滑りますさかい、こうやってましたんや」と海苔を素手で裁断機に入れる作業を、笑いながら実演してみせた。まったく悪びれた様子なし。まあ廃業であろうな。跡継ぎもいない様子だし。
 天満橋を渡ってエルおおさかへ。
 18時から創サポ講義。青木治道さんとふたりで課題作品11篇について対談形式でコメント。
 本格SF、奇妙な設定のサスペンスから家族小説まで多彩で、今回はいずれもレベルが高く、30分ほど超過してしまった。
 21時過ぎに帰宅。
 専属料理人が帰宅していて、黒半など静岡メニューで遅めの晩酌。
 楽しき独居生活は終わりを告げる。

3月19日(日) 穴蔵
 晴れて暖。終日穴蔵。
 買い物での外出の必要がなくなり、たちまち動くのが面倒になる。
 終日穴蔵。
 午後、「日本の話芸」で桂雀三郎「三十石」を見る。
 最初、喉の調子が悪いのか、ちょっと咳が出たが、アンポンタン売りあたりから調子が出て、一気に枚方まで。
 今や名人であるなあ。

3月20日(月) 穴蔵
 晴れて暖。春分の日で、ボンサラ諸君は3連休の最終日。街に浮かれ出ているであろうから、こちらは一応机に向かって過ごす。
 午後、東京都議会百条委員会・石原慎太郎の証人喚問中継を見る。
 休憩はさんで1時間半ほど。
 期待したほど……というより予想どおり……面白くなかった。
 老いたるボス猿の挽歌。それでも小池への歯ぎしり気分は十分伝わってきた。
 すべては「大年増の厚化粧」発言からだな。教訓:口は災いのもと。
 籠池の独演会に期待だな。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage