『マッドサイエンティストの手帳』718

●マッドサイエンティスト日記(2019年12月前半)


主な事件
 ・播州龍野いたりきたり
 ・大阪JAZZ同好会@ディア・ロード(8日)


12月1日(日) 穴蔵
 目覚めれば師走であった。
 終日穴蔵。仕事はほんの僅か。嗚呼。
 年内はこんな日が続くのであろう。

12月2日(月) 穴蔵
 朝だ。雨が降っている。が、午前5時前、外は真っ暗。浅田飴の感じがしないなあ。
 朝の儀式(ゴミ出し、ひとり朝食)などの後、3時間ほど机に向かう。
 少しは集中できた。
 9時過ぎから集合住宅関係のことあれこれ。
 たちまち効率が落ち、あとはダラダラと過ごす。
 午後、雨はあがり、夕刻に晴れてきた。
  *
 16:30の空、異様な夕映えで、雲が急速に東へ動く。
 明日から冬らしい。
 夜は専属料理人特製の豚汁などで湯割り。
 しばらく冬眠するか。

12月3日(火) 穴蔵
 晴、時に陰。
 終日穴蔵にあり。
 はやぶさ地球に向かったといふ。

12月4日(水) 大阪←→播州龍野
 早朝の電車で播州龍野へ移動する。
 が、姫新線が動かない。夢前川の鉄橋から落下物があり、下のクルマを直撃、安全が確認できるまで運転見合わせとアナウンス。
 1時間はかかるだろうと判断して、龍野にいる相棒に姫路まで迎えに来てもらう。
 30分で南口まで来てくれたが、ほぼ同時刻に姫新線も動き出した。あほらし。
 車中で打ち合わせできたから、まあいいとするか。
 雑用いろいろ。龍野市内うろうろ。
  *
 龍野橋東端から鶏籠山を眺める。まだ晩秋の気配。
 午後、まるさん自動車へ。
 いろいろ迷ったが、クルマを車検に出ことにする。あと2年間と決める。
 夕刻に帰阪。
 不思議なニュース
 8月に山口組の組員を銃撃したとして、山健組の中田浩司組長(60)逮捕。
 中田組長自らがバイクにのって熊内町(ヤスキンはんの近所だ)の弘道会施設前で拳銃をぶっ放したというのだが……ほんまかいな。一説によれば準構成員も含めて4000人の組織の親分だぜ。社員100人ほどの会社でも社長自らが溶接とか旋盤作業はやりまへんで。社員3名のわがタイムマシン業の場合は、おれ(一応社長ね)自らがハンダ付けも掃除もやるけどね。
 山健組は今や組員数名の没落組織なのか。
 親分にこんなことまでさせて、山健組の組員、どう考えとるのよ。
 いや、奮起しろといってるのではないよ。即刻解散すべきである。

12月5日(木) 穴蔵
 晴。後に陰。終日穴蔵にあり。

12月6日(金) 穴蔵/ウロウロ
 21時前に寝たら2時過ぎに目覚めてしまった。
 朝まで一応机に向かう。朝食後、また寝る。
 9時頃に目覚めた。
 いかん、生活パターンが不規則になりかねない。
 11時頃に出かける。よからぬこと(昼飲みね)を考えて、泉の広場へ行ってみる。
  *
 梅地下の東端、ほとんど飲食店街になってしまった。予想どおり「開けっぴろげ」の店ばっかり。
 梅田で今年オープンしたところは全部そう。
(阪神フードパークは昔からだから例外として)、三番街フードコート、ルクア梅田フードホール、リンクスの飲み屋など、全部同じ。通路から丸見えのテーブルばっかり。しかも(場所代だろうが)割と高い。
 今の消費者層は「飲み食いを見られても平気」世代なのであろう。
 老人は退席をうながされているのである。
 梅田で残された聖地は新梅田宿堂街だけだが、ここも今風の店が増えている。
 ということで、扇町公園を抜けて天五へ。ここにはまだ好みの店が残っている。
 天五の某店でちょっと一杯。ここと天六の角ウチ店は非公開とする(だいたい見当はつくだろうけど)。
 ほろ酔いで帰館。
 明日からマジメな生活態度に戻るつもり。

12月7日(土) 穴蔵/ウロウロ
 曇天なり。寒い。
 終日穴蔵のつもりであったが、昼前から専属料理人のお供をして買い物に出る。
 自転車でポーター役を務める。
 ボケーーーーッとしているよりは役に立つのであった。嗚呼。
 ついでに自転車で十三大橋を渡り、十三もといま商店街の丹波できさらぎ漬を買ってくる。
 寒くなるとこれで一杯がなによりである。
 と……夜はパエリアがメインであった。
  *
 パエリアにきさらぎ漬も悪くない組み合わせであった。
 これで豊崎西公園南側中本酒店推奨格安馬鹿旨ワイン。うまっ。
 早寝するのである。

12月8日(日) 大阪JAZZ同好会@ディア・ロード
 晴れたり曇ったり。
 昼前に出て、梅田うろうろの後、北新地から片町線の放出へ。
 ディア・ロードで大阪JAZZ同好会の例会。久しぶりの出席である。
 マニアによるレコード、CDの鑑賞(自慢)会。
・Tさんによる、ビリー・ホリディのデビューからラストアルバムまでを1時間で。
・引き続きFさんの新譜紹介。ここ数年(ミムラさんの死去が大きいが)CD購入激減のおれには、ありがたい企画である。
・あと持ち寄り大会。「今年のベストアルバム」だが、新譜はやっぱり少ないなあ。再販の名盤が多い。
 おれは新譜、「Takky meets Dorothy」からJimin Park「Boogie Woogie Stomp」である。
 ベストアルバムというより、今年来日の、いちばん面白かったピアニスト。

12月9日(月) 穴蔵
 雲ひとつない快晴。
 終日穴蔵にあり。少しは仕事もするのであった。
 昼過ぎにネットで注文していたプリンターが届いた。
 使っていたエプソンのEP-803Aがついに数色印字不能となったため。2010年から9年間酷使してきたのだから、もう十分であろう。
 今度のは後継機種で、こないだ製造終了した型落ち機、9年前に買ったのより1万円ほど安い。品質はいちばん信頼できるはず。
 午後はあれこれと試しプリント。
 インクジェットではこれが最後のプリンターになるのであろう。嗚呼。

12月10日(火) 穴蔵/ウロウロ
 数日ひどかった鼻水が治まると咳がひどくなった。浅田飴も効かず。
 穴蔵にこもるもが、仕事はあまり効率はあがらず。
 午後、マスクをして散歩に出る。
 淀川堤まで。
  *
 水管橋の撤去工事。トーラスはあと残り2本になった。年内に終わりそうにない。
 下流側から工事していて、セブリ小屋はそのままのようである。面白くないなあ。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage