『マッドサイエンティストの手帳』693

●マッドサイエンティスト日記(2018年12月前半)


主な事件
 ・シンギュラリティサロン(1日)
 ・創サポ講義(1日)
 ・大阪JAZZ同好会@ディアロード(2日)


12月1日(土) シンギュラ/創サポ/ニューサン
 目覚めれば師走であった。
 午前中、資料読み、メモ作成。
 昼過ぎに這い出て、グラフロ・ナレッジキャピタルへ。
 久しぶりにシンギュラリティサロンに出る。
 本日のゲスト講師は淺田稔先生(今まで来られなかったのが不思議だ)で「人工痛覚回路はシンギュラリティか?」。
  *
 淺田先生の話術は相変わらず素晴らしいもの。ロボット研究はつきつめれば人間研究であり、赤ちゃんの発達過程、「心」の問題、身体性など話題はすごく広い。人工システムに痛覚回路を埋め込むことでロボットがどう変わるのか(用途によって使い分けられる?)、モラル、倫理感の問題など、大きく広がりだしたあたりで時間切れとなった。次回(ぜひともやってほしい)に持ち越しのテーマ多し。
 グラフロから天満橋へ移動。
 夕刻からエル大阪で創作サポートセンターの講義。
 提出作品4篇、すべてSFファンタジーである。
・巨大ロボどうしの戦闘SF。主役が「自宅が変身した」巨大ロボという設定が面白い。
・異界からの災厄がもたらされるが、画才のある少年が操られ、水害や噴火の絵が実現していく……
・ファースト・コンタクトテーマの力作。よくいえば「宇宙のランデブー」「沈黙のフライバイ」を引き継ぐ作品だが、20数枚に100枚分ほどのアイデアの過剰詰め込み。この筆法は評価すべきか、もったいないというべきか迷う。
・台風発電船が登場する海洋SF。ここに「半機械知能」天才少女や人類至上主義という過激勢力がからむ中篇だが、長篇の圧縮版か。
 20時過ぎまで。
 帰路、ひさしぶりにニューサンに寄る。
 ニューオリンズ・ラスカルズを2ステージから聴く。
 忘年会シーズンで、二次会らしいジャズと無縁の客もいて騒がしいが、3ステは静かに聴けた。
  *
 「In The Upper Garden」が泣かせる。つづいて、なんと「砂にかいたラブレター」の正調ニューオリンズスタイルによる初演、これは素晴らしい。ラストは「ドクター・シャズ」。
 色々なことが重なる1日であった。

12月2日(日) 大阪JAZZ同好会@ディアロード
 本日もジャズの日とする。
 昼過ぎに出て片町線の放出へ。
 午後、ディア・ロードで大阪JAZZ同好会の例会。
・(特集)渡米前に録音されたジョージ・シアリング。戦時期のイギリスの空気と、スタイル確立前のシアリングの試行錯誤ぶりが面白い。
・新譜紹介。ケンペフのオーケストラとか、小川理子さん。畑ひろしなど。
・(持ち寄り企画)放送録音された名盤。それぞれ面白い。おれはハッセルガード参加のグッドマンのつもりだったのが、パソコンで聴いていて取り出すのを忘れ、空振りになってしまった。ボケ進行中なのである。嗚呼。
 夕刻、大阪駅のイカリで総菜類(ここのはなんとか食べられる)を買って、帰館後、独酌。
 と、専属料理人から、夜中に帰るとメールがあった。
 もう眠い。
 ま、明日から食生活はちょっとましになるか。

12月3日(月) 穴蔵
 未明の雨が朝にはやむ。
 普通の日常生活に戻り、終日穴蔵。
 外出は、午後、ジュンクドー往復のみ。
 週間ランキングの本棚に『バカとつき合うな』という対談本が並べてあって驚く。帯に12万部突破とある。
 本を購入することは著者(話者)と「つき合う」ことになるわけで、このタイトルはパラドックスをはらんでないか?
 それが12万人……1億人中の12万だからごく僅かともいえるが。むろんおれは触れもせず。
 夜はミニ静岡メニューが並ぶ。
 ポイントは生山葵。
  *
 刺身にも肉にも合う。他にしらす入りのサラダなど。
 これでビール、安ワインすこしばかり。
 早寝するのである。

12月4日(火) 「恐怖の報酬」
 昼前に出て、アメリカ村のシネマート心斎橋へ。
 「恐怖の報酬」【オリジナル完全版】を見る。
 12時からの回。平日の昼間は空いているからいい。
  *
 この作品、本当のオリジナル(ジョルジュ・クルーゾー監督/イブ・モンタン主演)を観たのは中学生の時である(シェクリィ「危険の報酬」を読む前)。ともかく圧倒された。
 1977年にフリードキンのリメイク版を見てがっかりした。展開がよくわからず、ラストもよくわからない。すべてが主人公の見る幻想かなと思ったほど。
 それから40年、【オリジナル完全版】の意味がよくわかった。1977年に見たのはズタズタ(30分カットした短縮版)だったのだ。
 フリードキンの「完全版」、4人の「前科」などよく出来ているし、ラストもいい。クルーゾー版「恐怖の報酬」と肩を並べる傑作であることもよくわかった。
 ただ、おれはやはりクルーゾー版の方が好きだ。モンタンの相棒が臆病者で「これは運転の報酬ではない、恐怖の報酬なのだ」という、このコンビががいい。それに、舞台は密林より荒野の方がいい。
 ……などといいつつ「恐怖の報酬」とは60年のつき合いになるのか。

12月5日(水) 穴蔵
 雨の予報がほとんど晴。
 終日穴蔵にてボケーーーーッと過ごす。
 夕刻に近い午後、近所を散歩。
 豊崎西公園の北東隅に、1年ほど前に囲いを作り何やら工事をしていたが、その跡に小型マンホールの蓋みたいなのが3つ出来た。
  *  *
 見れば「淀川左岸線観測井」と標記してある。
 淀川左岸線(予定地)とは500メートルほど離れているが、このあたりでも地下水など調査するのかしらん。
 ネット調べてみるに、似たような「井戸」は淀川沿いに点々とあるようだが。
 こんな「淀川左岸線」と明記した蓋を作るのだから、同じものが相当数あるはず。
 前から気になっていたが、本日、2人来て何か調べている。
 蓋を開けて、巻き尺を差し込むだけの簡単な作業。5分ほどで立ち去る。
  *
 何調べてはりますねんと尋ねたいが、やはり気後れする。
 こんな場合、役人の態度は極端にわかれる。好意的にあれこれ教えてくれるか、「お宅、何でんねん」と露骨に警戒されるか。近年、後者が増えている気がする。5年ほど前に嫌なことがあって以来、おれは声がかけられない。
 担当者が「余計なことはしゃべるな」と命じられているのか、こちらの取材力の不足なのか。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage