『マッドサイエンティストの手帳』724

●マッドサイエンティスト日記(2020年2月後半)


主な事件
 ・穴蔵の日々(新コロナウィルス蔓延中) 


2月16日(日) 穴蔵
 定刻午前4時に目覚める。
 外は雨である。小雨が終日降りつづく。
 出歩く気分にならず(雨よりも新型コロナウィルスで)、終日穴蔵にこもる。
 上階の物音がひどい。たぶん引越しの準備であろう。あと2日の辛抱だ。
 夕刻のテレビの報道番組(ワイドショー)。
 新型コロナウィルスに関して、チャーター機第1便の帰国者が退去したホテルの消毒作業とか、タクシー会社の対策などを報じるのは結構だが……感染現場のひとつとなったらしい「屋形船での新年会」の「再現ビデオ」には呆れ果てた。最後に全員で歌い踊るところまで「再現」している(一方である企業の「100人以上の集会禁止」も伝えている)が、なんたるアホ企画。こんなの作った連中の中に感染者が混じっていることを願う。

2月17日(月) 最悪の日
 ついてない日である。
 昼間は上階の騒音が絶えず。
 騒音一家の引越し準備らしい。
 外出しようか迷うが、新型コロナウィルスが気になって、出歩く気分にならず。
 イライラ過ごす。
 夜は集合住宅の理事会。
 滞納やら水漏れ事故やら、つまらん案件ばかり。
 ま、理事長職、あと3ヶ月の辛抱である。
 何事も耐えねばならぬ。
 遅い時間に一杯飲んで寝る。

2月18日(火) 最悪/最良の日
 天気予報では、西日本は大雪・寒波だが、大阪は普通に晴。そう寒くもなし。
 午前9時過ぎから盛大に騒音が響いてきた。
 上階の引越作業開始である。
 さすがにたまらず、外出する。
 中央図書館へ行こうと地下鉄中津まで行ったら、御堂筋線はストップしている。通勤の大混乱は終わりかけらしい。
 心斎橋で事故があったようである。
 しかたなく進路変更、ジュンクドーを覗き、ヨドバシうろうろ。みじめに気分である。
 昼に帰館。
 まだトラックが駐車中だが、引越作業はだいたい終わったらしい。
 午後、穴蔵。
 騒音一家が去った! 午後は信じがたい静寂につつまれる。
 穴蔵は早春の日のなかでしんとしている。
 何もせず、ただ夢のような時間を過ごす。
 夜は豊崎西公園南側中本酒店推奨の格安馬鹿旨ワインで祝杯をあげる。
 明日から、少しは仕事もできるはずである。

2月19日(水) 穴蔵
 晴れて気分のいい日である。
 終日穴蔵。
 出歩く気分にならない。
 騒音一家が去って、静かな穴蔵で本を読んでいたら、動きたくなくなも。
 幸せな気分である。
 この3年間、あの「カカトで歩く」足音の断続的な響きがいかにストレスになっていたか、あらためてわかってくる。
 このまま静かに老後を送りたいものである。

2月20日(木) 穴蔵/ハチ
 晴れて気分のいい日である。
 終日穴蔵。
 静かで落ち着き、出歩く気分にならない。
 しかし……年初からちょっと気になることあり、夕刻、自転車でハチに出かける。
 本日はライブなし、ジャズ喫茶の日である。
 ケンペプを聴きつつ、マスターの明利くんとあれやこれや。
 いずれにしても、8月9日(日)の山下洋輔ライブは決まったという。
 何よりである。これがいちばんの元気の素だからな。
 20時過ぎに帰館。
 専属料理人が並べた数皿で一献。
 早寝するのである。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage