『マッドサイエンティストの手帳』691

●マッドサイエンティスト日記(2018年11月前半)


主な事件
 ・播州龍野いたりきたり
 ・歌之助独演会@繁昌亭(7日)


11月1日(木) 大阪←→播州龍野
 早朝の電車で播州龍野へ移動する。
 ややこしい雑件が集中の日。
 実家の雑草処理にシルバー人材センターから2氏、すでに早朝から作業を始めている。こちらはおなじみの人なので、お任せでいい。
 荷造り発送が3件あって、肉体労働。昼前に揖西の某運輸へ持ち込む。
 帰路、銀行に寄り「大金」準備。
 某事務所に関係者と司法書士が集結、先日からあれこれ作業した書類を確認する。
 OK。これで10年ほど前から懸案だった手続きが一応終わる。
 ほっ。
 夕刻の電車で帰阪。ああ今週は疲れた。
 久しぶりに専属料理人が並べたメニュー(特記するほどのものではないが、なんだか懐かしくもあり)でビール、酎ハイ。
 ともかく寝るのである。

11月2日(金) はじめてドンキ
 定刻4時に目覚めるが、さすがに起床はしんどく、また眠る。午前7時に起きる。
 秋晴れで、肌寒い。
 終日穴蔵にこもる……つもりであったが、タイムマシン業の月次の処理などあり、午後、1時間ほど梅田うろうろ。
 ドン・キホーテが激安店であることは知っている。
 雑貨品(輸入品など)の安売り店という認識であった。入ったことはない。
 OSビルの並びにある店の前を通りかかったら、クスリのコーナーが目にとまり、目薬購入のため入店。
  *
 ついでに店内を覗いて驚いた。
 飲料や酒類、つまみ、駄菓子、その他食材が多く、むしろこれがメインではないか。
 他の商品はともかく、酒の値段はわかる。わが愛飲する黒糖焼酎「れんと」は徒歩圏でここがいちばん安い。1本購入。
 梅田の中心地に最安値店があったとは……ドンキに栄光あれ!
 ということで、夜は専属料理人の並べた数皿(肉炒め、生ハムサラダ、温野菜、その他根菜類の色々)でビール、れんと酎ハイ。
 某ゲラが届いているが、明日である。ご心配なく、Kさん。

11月3日(土) 穴蔵
 秋晴れで行楽日和らしいが、人出が多そうで、出かける気分にならず。
 終日穴蔵。
 マジメに机に向かう。某ゲラのチェック。
 15時頃に黒猫の営業所まで行き、宅配便発送。
 あとはボケーーーーッと過ごす。
 夜は専属料理人がオニオングラタン、鰆ソテー、サラダを並べた。
  *
 これでビール、安ワイン少しばかり。
 おれにはこの程度が適量である。
 22時前に寝るつもり。
 毎日こうありたいものである。

11月4日(日) 穴蔵
 本日も秋晴れで行楽日和らしい。
 が、人出が多そうな。モリムラ@ミュージアムが昨日オープンで、行ってみたいが、本日も混み合っているだろう。今度の金曜日にするか。
 ということで、穴蔵にて本を読んで過ごす。
 ちょっと公園に出ただけ。
 お、久しぶりにヨレヨレのおっさんを見る。
  *
 お元気でなにより。

11月5日(月) 穴蔵
 本日も秋晴れで、行楽日和ではないらしい。普通の月曜だからなあ。
 少しは仕事(非SF系)もするのであった。
 好天は本日までらしいので、午後、散歩に出る。
 ジュンクドー〜ヨドバシ〜大阪ステーションシティの定番コース。
 久しぶりに風の広場から天空の農園まで上がってみる。
 新駅工事は変化したようなしないよな。
  *  *
 天空の農園にはコスモスが揺れているのであった。
 1時間半ほど歩いて帰館。
 夜はおでん、その他3皿ほど並べてもらってビール、れんと酎ハイ。
 本日も早寝のつもり。
 明日は少しはSF的生活(思考)をしよう。

11月6日(火) 穴蔵
 未明だ。雨が降っている。が、浅田飴にはならず、5時前にはやむ。
 気の抜けた朝である。
 気合いを入れて机に向かう……つもりが、ややこしい電話。集合住宅の長期滞納者に関するあれやこれや。
 集中力が失せてしまった。
 理事はつらいよ。
 晴れたので、昼前後ちょっと散歩。
 お、ヨレヨレのおっさん、粋な場所でハトにエサをやっとるねえ。
  *
 紺の上下新調か。ハゲ隠しの帽子もいいし、意外にダンディではないか。
 おれの方がヨレヨレ……明日、近所で作業服も扱う店がオープンのはずなので、おれも対抗して新調するか。
 ということで、あとは穴蔵。ボケーーーッ。
 夜は専属料理人の並べた湯豆腐、一口カツ・サラダ、キンピラ、その他でビール、酎ハイ。
 早寝するつもり。
 それはそうと……
 社員を「平手打ち」した韓国IT業界の“王様”ヤン・ジンホ会長……小室直樹に似ているなあ。

11月7日(水) 歌之助独演会@繁昌亭
 立冬である。先週の予報では、今週は曇天か雨だったはずが、本日も秋晴れ。
 終日穴蔵。
 夕刻這い出て繁昌亭へ。
 桂歌之助独演会。
 ほぼ満席である。
・「平林」笑福亭呂好
・「片棒」桂歌之助
・「太神楽曲芸」豊来家一輝
・「百年目」桂歌之助
 (中入り)
・「花筏」桂歌之助
 「片棒」がいちばん体質に合った爆笑もの(本人は「シャンプーで体を洗っているような」というが)。
 「百年目」の番頭もなかなかよく、ただ旦那の雰囲気は年齢が少し足りないかな……などと思うのは、こちらが年をとりすぎたせいであろう。
 先代歌やんを聴いていたのは40代だからなあ。

11月8日(木) 穴蔵
 穴蔵にあり。
 近所……城北公園通、徒歩6、7分のところに昨日コーナンがオープンしたので見物に行く。
  *
 ホームセンターではなく「コーナンPRO」で、工具や電材などがメイン。
 こんな場所で流行るのだろうか。
 防寒の作業服を見るが、ヨレヨレのおっさん以上になれそうにない。
 電動工具類にちょっと惹かれるが、10年前ならともかく、おれにはもう関係ない店だなあ。

11月9日(金) 穴蔵
 久しぶりに浅田飴だ。
 終日穴蔵。
 痴呆状態……でもないのだが、机(PC)に向かってほとんど何も生産的なことやらないのは、もし隠しカメラがあれば、痴呆状態としか見えないだろう。
 色々アタマは使ってると言い訳しても通用しまい。おれは「意識受動仮説」の信者支持者だし。
 ということで、たちまち夕刻。
 夜は専属料理人が並べた「柿と合鴨の赤ワイン煮」で安ワイン一献。
  *
 柿は播州龍野の実家裏庭から獲ってきたもの。こんな利用法があったか。
 あとトマトソースのパスタで仕上げ。
 早寝するのである。

11月10日(土) 穴蔵
 先週に引き続き、この土曜日も「おでかけ日和」という。
 人混みは鬱陶しいので終日穴蔵。
 運動不足なので、午後、ジュンクドー往復。
  *
 北消防署横の抜け道。ま、これで大阪城公園にでも行ったつもりとするか。
 本日も無為に過ごしてしまった。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage