『マッドサイエンティストの手帳』678

●マッドサイエンティスト日記(2018年4月後半)


主な事件
 ・神戸へ(20日)


4月16日(月) 穴蔵/さらば讃州
 穴蔵にてボケーーーーッ(としているとしか見えないだろう/誰も見てないけど)と過ごす。あれこれ考えているのだが、思考まとまらず。嗚呼。
 午後、気分転換に散歩。ジュンクドー往復のみ。
 お、情熱うどん讃州の改装工事が始まっている。
  *
 讃州は3月末で閉店。カレーうどんが抜群にうまい店であった。というよりも、おれはこの店ではカレーうどん以外食べていない。
 店は閉店、たぶん別の店になる。
 讃州店主は、うどんもあるが、割烹をやりたいのかな。ここではないが、たぶん北梅田のどこかであろうと想像する。
 久保青年とは同じ集合住宅の住人なのである。
 健闘を祈る。

4月17日(火) 穴蔵
 穴蔵にてボケーーーーッと(しか見えない状態で)過ごす。嗚呼。
 部屋から見える新御堂筋の広告塔、先日から何か工事していたが、シートが取られた。
  *
 これはLEDの表示装置か。
 しかし、フレームの1/3くらいしかない。中途半端な。引き続き工事するのか、このままなのか。気になるところだ。

4月18日(水) 穴蔵/辞任2件
 未明までの雨が、明け方にやみ、午前10時には晴れてきた。
 天気は明るい方に進むが、気分はよろしくなく、穴蔵に閉じこもって過ごす。
 辞任が2件。
・米山隆一新潟県知事。明日発売の週刊文春に「金銭の授受を伴う女性関係」を書かれるため。
・福田淳一財務事務次官。こちらは週刊新潮。セクハラというか、女性記者に「おっぱい触っていい?」「キスしたい」「ホテル行こう」の連発。音声データ公開。
 対称的な辞任である。
 米山は潔く事実を認め、福田は見え透いたシラの切りどおし。
 米山は「実行」しとる、福田は、まさか女性記者がいうこときいたはずはなく、未遂(というより、クチだけ)。
 米山の会見は涙ぐんでも笑っているようにしか見えず、福田の会見は憤懣モロ出し。
 米山は有償、福田はタダ。
 米山は独身、福田は(たぶん)家族あり。
 どちらも東大の超秀才というのが不思議。
 「ジュンイチ・リューイチの辞任漫才」やればバカ受けではないか。隆一がボケ、淳一がツッコミで。

4月19日(木) 穴蔵
 初夏の陽気である。
 終日穴蔵。資料を読み、メモをとって過ごす。
 たちまち夕刻。
 ささやかなメニューで晩酌。そろそろ就眠。
 毎日こんな日であるといいが。

4月20日(金) 神戸へ
 昼前に出て神戸三宮へ向かう。
 阪急を利用。時間は早いが、本日の阪神電車は遠慮する。
 神戸新聞ビル17階へ。
  *
 神戸の海は夏の雰囲気である。
 ちょっと迷っている某講座があり、おれに務まるのかどうか自信がない。
 本日は「見学会」ということにして、継続するかどうかは聴講者の判断にゆだねることにする。
 2時間ほどあれやこれや。
 久しぶりに神戸の街をうろうろしてみたいが、また機会もあるだろう。
 帰路も阪急。
 別に虎ファンを嫌ってるわけではなく、混雑が嫌なのである。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage