『マッドサイエンティストの手帳』749

●マッドサイエンティスト日記(2021年2月後半)


主な事件
 ・穴蔵の日々


2月16日(火) 穴蔵/ウロウロ
 終日穴蔵。雑事多少あるものの、8割がた痴呆老人状態で過ごす。
 骨折の痕に違和感あり、膝が少し痛む。
 動かない日が続くと無理もない。先日から室内を歩くのも面倒になってきた。
 午後、お代官様のいいつけを破って、人気のない道を散歩することにする。
 晴れて暖……のはずが、風が結構冷たい。
 梅田貨物線の地下化工事現場に沿って歩く。
  *
 近所の豊崎第6架道橋、地下への入り口が見えてきた。
 このあたりが地表。ここから西に下っていく。電車が潜るのは2年ほど先だが。
 スカイビルあたりまで歩き、地下道を潜り、グラフロ西側から戻る。
 1時間ほど。6000歩を超えた。脚膝はまあまあ。

2月17日(水) 穴蔵
 曇天、寒そうな日である。
 終日穴蔵。
 外は昼間ほとんど5℃。
 コタツに潜り込んで、本を読むか居眠りして過ごす。

2月18日(木) 穴蔵
 晴。あとは昨日と同じ。
 夕食時に専属料理人のいうには、一時雪が舞ったとか。
 外は見ず、レースのカーテン越しでは、終日晴れてる印象しかなかった。
 刺激的な本を読み、面白い原稿を読み、興味深い資料にも接したのだが、後日に。
 一杯飲んで早寝させていただく。

2月19日(金) 神戸新聞文化センター
 ちょっと寝すぎて午前5時半に目覚める。
 6時過ぎ……パーサヴィアランスの火星着陸を確認(ネット中継はうまくつながらなかった)。
 何よりであった。
 昼前に出て、阪急で三宮へ。
 神戸新聞文化センターの講座。
 なかなか面白いのであった。
 夕刻帰館。
 ハードSF研公報205号が届く。
 日本新記録達成……別カテゴリーでは世界記録も更新中である。
 何よりであった。
 大阪府が淀川大堰に閘門を作る予算を盛り込んだというニュース。
 大阪万博の水路として船が通過できるようにするらしい。
 これは7,8年前に浮上して立ち消えになってた案ではないのか? 確か南海トラフ地震を想定して(毛馬閘門より大きい)大阪湾と淀川の水路を確保するためだったと思うが。
 誰が潰して誰が復活させたのか……調べてみることにしよう。
 わしゃ淀川側にも閘門建造案、反対ではないよ。むしろ大賛成。ただ淀川描写に矛盾が生じると困るのである。

2月20日(土) 穴蔵/ウロウロ
 朝だ。午前4時はまだ暗いのであった。
 午前中、穴蔵にてあれやこれや。
 10時過ぎに出て、地下鉄で淀屋橋へ。
 北浜のモリタ万年筆店へ修理が終わったモンブラン149を受け取りに行く。
 万年筆一筋、よくやってはると思う。
 万年筆職人という立場をきちんと確立しはったのは、立派としかいえない。
 それに較べて、けしからんのが時計職人である。機械時計が電気時計に変わって半世紀、機械時計が直せない「職人」が、電池の交換だけで食ってるのではないか……ま、わしはソーラー時計だから関係ないけど。
 快晴で暖かい。北浜界隈を散歩する。
 難波橋からバラ園を眺める。
  *
 冬のバラ園はなかなかつまらん。
 中之島から老松町を抜け北上、2年前ならどこかで昼飯なのだが、外食する気になれず、中崎町を抜けて、中本酒店で吉乃川を買って帰館。
 昼はイカの一夜干しと山芋で吉乃川を一献。
  *
 7千歩ほど歩いたあとだから、たまらんなあ。あとは更科蕎麦をたぐる。
 昼間からこんなことやってていいのかと思うが……いいのである。
 午後は穴蔵にて本を読んで過ごす。
 夕刻、久しぶりに入浴してさっぱり。
 夜は翁豆腐の湯豆腐、肉とオニオン炒めたん、サラダなどでビール。
  *
 あと早春パスタで白ワイン。八尾の「若ごぼう」(この季節しか出回らないが、なかなか)の和風パスタである。うまっ。
 毎晩こんなことやってていいのかと思うが……いいのである。
 いつどうなるやらわからんのだからな。

(つづく)


[最新記事] [次回へ] [前回へ] [目次]

SF HomePage