ジョージ・ルイスの評伝「ジャズマン・フロム・ニューオーリンズ」限定出版!

『ジョージ・ルイス ジャズマン・フロム・ニューオーリンズ』

トム・ベッセル 小中セツ子 訳

   

 頒価 3,000円 送料 200円 計 3,200円 A5版 ハードカバー 272頁

※ 本書は限定出版ですが、若干予備を残しておりますので、興味のある方はメールでお問い合わせください。

 このたび、Tom Bethell『George Lewis : A Jazzman from New Orleans』(1977)が翻訳・出版されることになりました。
 ドロシー・テイトの『Call Him George』が「人間ジョージ・ルイス」を描いた伝記であるのに対して、トム・ベッセルの同著は、ジョージ・ルイスの音楽活動を中心に、ニューオリンズ・ジャズ・リバイバルを再評価した評伝の決定版として知られています。
 訳者は『Call Him George』に引き続き、小中セツ子さんです。

 同書は著作権・翻訳権上の問題から、著者ベッセル氏の許諾を得て、ニューオリンズ・ジャズ・ファンにのみ限定頒布するもので、一般の書籍販売ルートでは扱いません。
 ODJC中心に各地のトラッド・ジャズ愛好団体に案内しております。


SOLITON CORPORATION
〒531-0072 大阪市北区豊崎5-5-24-408


SOLITON CORPORATION